• HOME >
  • 院長のひとり言

院長のひとり言

2011.08.02開院10周年

 10年前の8月2日にたき眼科は開院しました。開院した日のことは今でもよく覚えています。午前が13人、午後が2人、午後には雷雨があり、雷のために一時停電、パソコンを立ち上げ直したり、大変でしたが、患者さんがおられなかったので、大きなトラブルにはなりませんでした。それから1年近くは、毎日10人~15人の患者さんを相手に、スタッフも私も時間を持て余して過ごしていました。

 最初の頃には、神戸女学院の卒業生の方がよく来て下さりました。今でも女学院の卒業生の方は多いですが、母校の温かみを感じ、クリスチャンではありませんが、神様に感謝しました。

 あれから10年、あの頃が懐かしいくらいにたくさんの患者さんに来て頂き、毎日忙しく過ごしています。本当に多くの方に支えて頂き今があると、心より感謝しています。3年前に念願の一階に移転できたことで、院内も広くなり、お年を召された方にも来ていただきやすくなったことが、この数年の間では一番嬉しかったことでしょうか。  開院した頃に赤ちゃんだった子が小学生、幼稚園や小学生だった子たちが、中学、高校と進学して、こどもの成長をみることができるのも地元に根ざした開業医ならではの幸せだと思っています。成長していく子供たちとは逆に、お年を召されて変わって行かれる方も多く、なくなられた方もおられるのは寂しいことですが。。。

 患者さんの待ち時間を減らすべく、予約制を導入したり、工夫をしていますが、多くの患者さんに来て頂き、忙しくなると、スタッフに心のゆとりがなくなり、思いやりに欠けているなあと感じることもしばしばです。不愉快に思われることがあれば遠慮なくお伝え頂ければと思います。

 今日から11年目。みな新たな気持ちで、来てくださる方に満足して頂ける医療サービスを心がけてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る