• HOME >
  • 院長のひとり言

院長のひとり言

2012.11.20増えている心因性視力障害

 この時期、学校の視力検査の結果を持って、子どもたちが受診してきます。最近気になるのは、見えるはずなのに見えない子、いわゆる心因性視力障害の子どもたちが増えていることです。以前は女の子ばかりでしたが、最近男の子にもちらほら・・・。視力検査のときに何となく視力が出にくい子、手元の視力を測ると明らかです。近視の場合、手元は普通にみえるはずなのですが、手元の視力が0.1以下のことも。原因はさまざまですが、メガネ願望も結構あるようです。最近の子供用メガネのおしゃれなこと!これがメガネ願望につながっているようです。わたしが子供の時の子供用メガネといえば、男の子は黒縁、女の子は赤い縁のセルロイドの可愛くないメガネにほぼ決まっていました。それに比べてこのごろの子供用メガネはおしゃれのひとつになってしまっているようなのです。確かに、かけてこられるメガネ、それぞれすごくファッショナブルです。  おしゃれなメガネへの憧れ以外にも原因はいろいろあるようです。みるからに下の小さな弟妹にお母さんの手がかかってる場合、塾に行きだしてから、2学期になってから学校に行きたがらなくなった、などなど・・・。最近の子供達の心のなかは複雑な屈託をいっぱいかかえているようです。

 心因性視力障害に決定的な治療法はありません。そのうちちゃんと見えてくるからと温かく見守ってあげるだけです。本人は決して嘘をついているわけではなく、視力検査に臨むと視力が出にくいですが、普段の生活にはあまり支障をきたしていないことが多いものです。もちろん、心因性と診断する前に、本当に眼に異常がないのかちゃんと確認することが大事です。

2012.11.08スマホ用ホームページを作りました

 なんと1年ぶりの投稿です。もともと筆無精なので、ついついおさぼりしてしまいました。

 さて、最近の携帯電話、ほとんどがスマホです。私もスマホにして1年余り、最初はメディアスというのを使っていて、いまいち使い勝手が良くなかったのですが、夏にギャラクシーに変えて、動作性も速くなり便利なこと、簡単な調べ物はすくできるし、自宅や医院に届くメールも外出先で確認できますし、とても重宝しています。でも、悲しいかな、老眼の進んできた眼には、スマホで普通のホームページを開くとその見づらさはかなりものです。拡大すればいいのですが、拡大すると見たいところがどこだったかわからなくなったり、イライラしてきます。そんなことが重なるにつれて、スマホ版ホームページの必要性を感じるようになり、9月頃より、今のホームページを作ってくれたところに頼んで、スマホ用のホームページを作成してもらいました。ちょっとピンクピンクしていますが、結構見やすく、ネット予約もずっとしやすくなったのではないかと思います。休診案内などはツイッターでお伝えする予定です(ツイッターの使い方がまだよくわかっていないので、これは娘におしえてもらわなければなりませんが・・・)。ご活用いただければと嬉しく思います。

 また、これを機に時々、つぶやいていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る