• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 白内障

白内障

白内障はどんな病気

 眼の中にある凸レンズが濁ってくる状態を白内障と言います。ほとんどが、加齢によるものですが、まれに、生まれながらの濁りがある方や、アトピーに伴うもの、ステロイド剤の副作用で生じるもの、眼の中の炎症により生じるものなどがあります。

白内障はどんなタイプがあるの?

 白内障の濁り方にも、いろいろなタイプがあります。一般的な白内障では、光の通らない端の方から少しずつ濁りが進み、真ん中は最後まで割と濁りが少ないので、白内障が結構進行しても、わりと視力がいいことが多いものです。レンズの中心部から濁りが進む核白内障と呼ばれるタイプでは、白内障の進行と共に、近視が進むことがおおく、近くはわりと見えることが多いのですが、遠くの見えづらさを強く訴えられます。目の中に炎症が続いたり、ステロイドを長期に使用したりした場合には、レンズの中心の後ろの面が皿状に濁ってきます。後嚢下白内障と呼ばれ、濁りの初期から見づらさを感じることが多いようです。

白内障は手術で治る?

 昔は、白内障で失明する方もおられましたが、今ではほとんどみられません。濁った凸レンズを人工のレンズに置き換える手術をすることにより、他に異常がなければ視力が回復します。手術法も進歩し、片眼、15分程度ですみ、全身的な異常がなければ日帰り手術を選択することもできるようになりました。手術を希望される方には、その方の希望に応じた病医院を紹介します。

白内障の手術の時期は?

 職業的に良好な視力を要する場合には、わずかな視力の低下で手術を受けられる場合もありますが、だいたいは、日常の生活に不自由を感じられたら、具体的には新聞の字が老眼鏡を合わせても見づらくなったら、と考えられたらいいでしょう。不自由を感じていないのに、眼科医に勧められて手術を受けられると、時に手術後に手術前より不便を感じられて後悔される場合がありますので、ご自分がする必要があると感じられることが何より肝心です。

手術は入院か、日帰りか

 手術を決心されたときに、まず決めないといけないことが、手術を入院で受けるか、日帰りでうけるかということです。以前は、ご高齢の方は入院の方が多かったですが、最近は、お元気なかたでは、お年に関係なく、日帰りを選択される方が増えている印象を受けます。


入院の場合は

 施設にもよりますが、両眼の場合で約1周間の入院で、2、3日おきで片目ずつ手術をうけることになります。片目では、最低で1泊、長くて3、4日というところでしょうか。


日帰りの場合

 手術の次の日に必ず、手術を受けた病院を受診して頂き、その後、当院での経過観察となります。


入院か、日帰りかは、その方それぞれの事情によって決められたらいいと思います。

目に入れる眼内レンズって?

 白内障では眼の中にある凸レンズが濁ってしまうのでその濁ったレンズを取ってしまいます。
25年位前までは、取ってしまった凸レンズの変わりに、牛乳瓶の底のような分厚い眼鏡をかけるか、コンタクトレンズを使わなければなりませんでしたが、今ではとってしまう水晶体の変わりに、人工の眼内レンズを入れることで、手術をした翌日からよく見えるようになります。眼内レンズには眼鏡と同じく「度」がありますから、その度を調節することによって、手術後、裸眼で近くが見える軽い近視にすることもできますし、眼鏡なしで遠くが見えるように(この場合老眼鏡が要ります)することもできます。術前の状態にもよりますが、主治医とよく相談しましょう。

 眼内レンズはどんどん進化しています。最近では多焦点(遠近両用)眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズが開発されています。乱視矯正眼内レンズは普通に保険診療内で使えますが、多焦点眼内レンズは保険適応外で先進医療としてある条件を満たしている施設でのみの施行となり、片目30万前後と実費でかかります。

 術後の見え方については、過度の期待は禁物です。
満足度は人によってまちまちなのが現状です。
多焦点眼内レンズを希望される場合には、その良い点、悪い点など、術者から納得できるまでしっかりと説明を聞かれることをお勧めします。

手術費用は?

 入院で受けられるか、日帰りで受けられるかで違います。


片眼 / 1割負担の方の場合

日帰りの場合 ------ 2万くらい
3、4日の入院の場合 ------ 3万くらい


 上記の費用は施設により多少異なります。投薬内容や検査内容、入院期間で多少変わってきます。3割負担の場合はこの約3倍です。 前項でも触れましたが、多焦点眼内レンズの場合はすべて自費負担となり、30万前後というのがだいたいの相場のようです。

手術後の見え方は?

 眼内レンズのところでも少しお話いたしましたが、眼内レンズの度数を調節することによって、手術後の見え方を選ぶことができます。もともと遠視の方ではほぼ正視を目指すことが多いですが、術者となる先生とよく相談されるといいでしょう。ただ、眼鏡を合わせるのと違って、手術中に見え方を確認しながら度をきめるわけではなく、手術前に、目の表面の丸みと眼球の奥行きの長さを測ってそのデータからある数式に入れて度数を算出しますので、多少のずれが出る場合があります。
 だいたいの方は、術後は術前より全体に青みがかって見えることが多いようです。顔の皺が気になるようになったとか、部屋のホコリが気になるようになったというお声をよく聞きます。術後しばらくは、近視や乱視の具合が変化しますので、あまりあわてて眼鏡を合わせないほうが賢明ですが、近視、遠視の具合が術前と大きく変わった場合には1ヶ月くらいで眼鏡を合わせられたよいでしょう。

 術前と比べて満足される方が多い一方、期待と違ったとか、何か違和感があるというような訴えを言われる方も多々あります。術前よく見えておられてあまり不自由がないのに、手術をされると、術後の期待度が大きすぎて、満足されない場合が多いですが、術前よりはるかに見えるようになっても満足されない方もしばしばいらっしゃいます。
 全般的に満足されていても、眩しさなど多少の違和感を訴えられる方も多いです。
基本的に、遠くがよく見える場合には老眼鏡が、近くが見やすい場合には遠くが見える眼鏡が必要な場合がほとんどなのですが、時に、単焦点のレンズにもかかわらず、遠近良好という方もおられます。これは手術してみないとわからず、術前に予想できるものではありません。同じような術後の屈折度でもその方によって見え方が異なるのです。
 術後にあまりに乱視が強い場合には、角膜に少し切開を加えることで乱視を軽減することも可能です。この場合にはそういう手術をされている施設に紹介させて頂いています。

手術のあと気をつけることは?

 術後2週間は感染による眼内炎を起こす可能性が高く、十分な注意が必要です。眼内炎になると、重症の場合には眼球内に膿がたまり眼球の中を洗うような手術(硝子体手術)が必要になる場合があり、視力が極端に低下してしまう場合があります。
 手術時に器具を出し入れしたところの傷の治癒状況により、洗顔、洗髪の可否は変わってきます。手術した医師や、経過観察している医師に確認しましょう。
基本的に、過度の安静は必要ではないので、すぐに日常生活に戻れます。

白内障の手術をしたらもう白内障にはならない?

 白内障の手術をして、数ヶ月~数年たってから、後発白内障というものが起こってくる場合があります。これは、白内障手術のときに残した、もとあった水晶体の後ろの膜が濁ってくる病態です。普通の白内障と違って、一度濁ってきてもまた少し戻る場合もあります。あまりにかすみ感が強くなったら、YAGレーザーーというレーザーで、簡単に日帰り手術で加療可能です。

知りたい!目のこと

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る