• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 眼精疲労

眼精疲労

疲れ目は放っておいても大丈夫?

 長時間、お手元の作業をしていたり、コンピューター作業をしたりすると、誰でも多少は眼の疲れを感じますが、その疲れが休息により回復しなかったり、短時間の作業ですぐに眼が疲れたりする場合には、何か原因があると考えられます。

眼鏡が合っていない?

 見えているから、眼鏡が目に合っているとは限りません。
眼鏡の度数もコンタクトレンズと同じで、強すぎると疲れる原因になります。また、眼鏡の場合は、度数が強くなると見え方が歪んだり、あるいは、左右差がある場合にはかけづらかったりと、完全にその目に合わせられないこともあります。眼鏡が合わない方の原因について下記に記載します。

度数の強い方で、乱視の強い方、左右差のある方

 コンタクトレンズを試してみられるのも一案です。そして、どうしてもコンタクトレンズをつかうことが出来ず、また、眼鏡で適切な矯正が出来ない場合には、近視手術を考えてみるのも一案でしょう。ただ、近視手術には慎重であるべきで、もともとの近視の強さや角膜の厚さなどを測ってもらい、医師とよく相談して、施設を選んで受けられるようにしてください。

遠近両用眼鏡をご使用の方

 遠用部と近用部をきちんと使い分けてこそ、値打ちがあるのですが、近用部を使って手元を見ているつもりが、いつのまにか、視線がずれてきて遠用部で見ていたり、あるいは、コンピューターをされるのに、遠近両用眼鏡を使っていると、遠用部で画面を見ていることになり、とても疲れます。中距離から近距離に焦点を合わせた眼鏡が必要です。書類を見たり、読書をしたりと、長時間手元を見ていることが多い方は、遠近両用よりも、近用単焦点の眼鏡つまり老眼鏡を使われるようにした方が楽な場合が多いです。 特に高齢者では、遠近それぞれの眼鏡は合っていてよく見えるはずなのに、遠近両用眼鏡では視力が出にくい方がよくおられます。単焦点のレンズに比べると、ピントの合う視野が狭く、見かたにコツがあり、高齢者ではうまく使いこなせていないことが多いようです。

安いメガネ屋さんで眼鏡を作られた方

 最近、安いメガネ屋さんが増えています。すごくゆるい眼鏡では安い眼鏡でもあまり問題ありませんが、遠近両用の眼鏡、度の強い眼鏡、乱視の眼鏡などでは、あまり安売りの眼鏡店での購入は控えられたほうがいいでしょう。処方どおりの眼鏡に仕上がっていても、歪みを強く感じてしんどくてかけられなかったり、疲れたりすることが多々あります。眼鏡店での眼鏡処方も要注意です。PC用眼鏡で有名になった某眼鏡店で眼鏡をあわせておられたので、どういう方が処方しているのか聞いたところ「社内資格者です」と。多分マニュアルどおりに眼鏡を合わせておられるだけでしょう。眼鏡処方においては眼科的な知識が必要なだけではなく、その方の生活環境や必要性をよく加味する必要があるのですが、そういった考慮がされていないばかりではなく、不必要な乱視やプリズムが入っていたり、過矯正になっていたりしていて、眼精疲労の原因になっていることがあります。

コンタクトレンズを使っている

 コンタクトをご使用の方で、疲れ目の原因は下記が考えられます。

度数が合っていない場合

 見えているから合っているとは限りません。度数が強すぎたり、乱視が残っていると疲れやすくなります。また、老眼が入ってくると、遠くがよく見えるレンズでは、手元の作業に負担がかかります。少しゆるくすれば、遠くはもの足りないかもしれませんが、ぐっと楽になります。

フィッティングが合っていない場合

 コンタクトレンズの種類によって違ってきますが、ある程度、目の表面で動くことが大切です。
目に入れた直後は調子がよくても、しばらくすると張りつき感があったり、夜はずすときに、はずれにくいなどの症状がある場合には、レンズのフィッティングについて再検討が必要です。

コンタクトレンズが劣化している場合

 コンタクトが古くなると、ハードレンズでも変形してきて、レンズを入れることで乱視がでてきたり、あるいは、矯正力が落ちてきて、見づらくなったりします。また、レンズの汚れのせいで、目にキズがついたり、結膜炎を起こしていたりします。3~6ヶ月に一度、必ず定期検査を受けるようにしましょう。

ドライアイ

 疲れ目の症状を訴えておられる方には、ドライアイの方がかなりおられます。ご自分では目が乾くと自覚しておられない方も多く、時々涙を補うような目薬を使っていただくだけでかなり楽になる場合があります。また、最近は何かとコンピューターを使われる方が増えていますが、ディスプレイを一生懸命みていると、瞬きが少なくなって、二次的にドライアイをきたしてしまうことがあります。

詳しくは「よくある質問」の[目が乾く]をご覧ください

その他の目の病気

 急激な視力や視野の変動には気が付きますが、徐々に病変が進んでいる場合、全く自覚されず、唯一の自覚症状が疲れ目である場合があります。目の成人病として、最近よく取り上げられる緑内障は、その代表です。
緑内障のページはこちらをご覧ください。

 その他、網膜の血管が詰まっていたり、あるいは、目の表面や目の中に炎症を起こしている場合もあります。また、ごくまれですが、脳腫瘍によって視野に異常を来している場合もあります。また、斜視ではないのですが、斜位といって、少し目の位置がずれやすい方も疲れ目を起こしやすい傾向にあります。ただの疲れ目と軽視することなく、一度は眼科で検診を受けてください。

知りたい!目のこと

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る