• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 子供の近視

子供の近視

学校からの用紙のABCDって?

 最近の学校検診では、視力をA,B,C,Dの4段階で表しています。

Aは1.0以上、Bは0.9~0.7、Cは0.6~0.3、Dは0.3未満です。A,Bなら、
学校での授業には支障は来たしませんが、裸眼でBの場合でも、いわゆる
仮性近視や初期の近視や乱視,時には治療を要する弱視の場合もありますから、一度は眼科を受診して、視力低下の原因について検査を受けられることをお勧めします。

治療が必要な「弱視」。重要な幼児の視力。

 目に視力が出なくなるような器質的は異常がないにもかかわらず、矯正視力が出ない場合には、弱視が疑われます。
弱視の原因には、遠視や乱視、斜視などがあります。

 子供の目は、生まれたときには光しか認識していませんが、外界からの刺激が網膜上に像を結ぶことによって、視力が発達します。ところが、遠視や乱視が原因で正常な刺激が網膜に伝わらないと、視力の発達が不十分になってしまいます。

 また、左右差があったり、斜視があったりして、片方の目ばかりで見ていると、あまり使わないほうの目の視力の発達が遅れてしまう場合もあります。
 3歳児健診はそういった目の発達異常や、斜視を見つけるための健診なのですが、残念ながら、正確な視力を測りきれないため、しばしば、健診をパスしてしまう子がいます。3歳というのは微妙な年齢で、しっかりとして検査が受けられない子も多く、検査の信頼性が低くなってしまうのです。できれば4歳になったら、一度眼科で視力検査を受けられるとよいでしょう。

子どもの視力検査について

 子供の視力は、しっかりした子や、測りやすい子では、4歳、 5歳でも(1.0)の視力が得られますが、4歳、
5歳でも1.0が出ない子もいます。その場合に単に集中力がなくて視力検査が十分にできないためだけなのか、何か問題があるかを調べる必要があります。異常がなければ、何度か視力検査をするうちに視力はでてきます。

弱視が見つかった場合

 適正な眼鏡を処方し、視力に左右差がある場合には、よい方の目を、日に数時間遮蔽して悪い方の目を使わせるようにして、遅れている視力に発達を促します。
 治療の時期としては、就学前がベストで、4、5歳児では、視力検査もしっかりでき、ちゃんと眼鏡装用してもらえれば、就学前には良好な視力が得られることがほとんどです。
 しばしば、就学後の学校健診で見つかる場合もありますが、小学校2年くらいまでなら、集中的に治療をすれば、ほぼ良好な視力が得られる場合が多いです。

初期の近視は治る?

 同じ裸眼視力でも、近視や乱視の程度は子どもによってちがいます。同じ度数の近視でも、裸眼で0.1しか見えない子もいれば、0.5が見える子もいます。要は、裸眼視力の程度より、実際にどの程度の近視があるかによります。その度数が軽ければ、点眼治療や訓練によって改善が望める場合があります。あまり多くはありませんが・・・。

子供の眼鏡使用について

眼鏡をかけさせねばならないのは?

 小学校では、授業に必要な視力は両眼で(0.7)といわれていますので、裸眼視力が両眼で0.7(目を細めずに)をきるようになれば、授業中だけでも眼鏡をかけるように指導しています。
裸眼視力がさらに低下して普段から目を細める傾向がある子どもには常用をお奨めします。
 遠視の子どもの場合、その程度にもよりますが、できるだけ常用が望ましいです。
遠視の子どもは、いつもピントあわせの筋肉を余計に使っているので、眼鏡なしでは、疲れやすいとか、
集中力がなくなるなどの症状がでてきます。

眼鏡はかけたり、はずしたりしてもいいの?

 近視の眼鏡なら、かけたりはずしたりしてもかまいません。よほど裸眼で
見えにくそうにしていなければ、授業中だけでいいでしょう。
 しかし、裸眼視力が0.1~0.3くらいなり、日常から見づらそうになってきたら、眼鏡は常用すべきです。見えにくいのを見よう、見ようとすることで、余計にピント合わせの筋肉を刺激し、近視の進行につながる場合があります。特に女の子の場合、人前で眼鏡をかけるのを嫌がる傾向が強く、両眼で0.1も見えていないのに、普段は眼鏡をかけない人が多いようですが、
できるだけ常用、せめて、家の中だけでもいつもかけているようにとお話しています。

子供のコンタクト使用について

子どものコンタクト、いつから可能?

 今までの経験で、もっとも早く処方したのは、小学校4年生の女の子でした。いわゆる強度近視で、牛乳ビンの底のような眼鏡を使用せねばならず、いじめの対象になるとの理由からでした。が、一般には、中学生になれば、たいていの子どもは使用可能です。特に女の子では小学生でも使えることが多いです。けれども、視力が落ちてきた時点で眼鏡がいやだからと最初からコンタクトにすることはやめられた方がいいでしょう。いくつの時点でも、まずは眼鏡です。一生、コンタクトだけでいくことはできず、コンタクトを使えない状況がでてきたときに、眼鏡がかけられないという状態になってしまいます。
 大事なことは、コンタクトを使用するようになっても、眼鏡も使うことです。コンタクトをはずして寝るまでの数分、朝起きてからコンタクトを入れるまでの数分でいいですから、眼鏡を使用する習慣をなくさないでください。毎日、少しでも使用していれば、コンタクトを使えないときでも、眼鏡で過ごすことができます。ですから、眼鏡も、コンタクトほど見えるものでなくてもいいですから、ある程度(0.6~0.8くらい)見えるものに調整していっていただきたいと思います。

コンタクトで近視はとまる?

 コンタクトにしたら、近視の進行がとまったという話をしばしば聞きますが、コンタクトにしたから近視がとまるのではなく、コンタクトに変えた時点でほぼ近視が進行しきっているためと考えてもらった方がいいでしょう。ただ、裸眼視力がかなり悪いにもかかわらず、普段眼鏡をかけない子どもでは、コンタクトにすることで視力が安定することがしばしばあります。


増えている心因性視力障害

 今まで視力がよかったのに、急に学校の検査で視力低下を指摘されて来院される方の中に、しばしば、眼に問題なく、本来なら1.0以上の視力が出て当たり前なのに視力が出ない子たちがいます。そういうお子さんの場合、近くの視力を測ると全く見えていない事が多いです。こういう場合には、心因性視力障害が疑われます。心因性視力障害とは、眼には視力低下をきたすような異常がまったくないにもかかわらず、視力検査で出るべき視力が得られない場合を言います。小学校低学年から中学生くらいの子供にみられ、以前はほとんどが女の子でしたが、最近時々男の子でもありますし、以前に比べて増えている印象を受けます。

 原因はその字のとおり、「心」にあります。本人は決して嘘をついているわけではないのですが、視力検査になると見えないのです。最近増えている原因のひとつは、メガネ願望です。昔と違って今の子供のメガネがファッショナブルになって可愛いことより、メガネをかけたいがために視力検査時に視力が出ないのです。こういう子は、視力検査のときに矯正レンズをあれやこれやと入れ替えているうちに視力が出ることが多いです。他には、家庭の事情、下に幼い弟や妹がいて親の愛情がそちらに向けられている不安とか、学校での友達との屈託、受験など、多岐にわたります。矯正で良好な視力が得られない場合もしばしばですが、日常生活に支障はきたすことはほとんどありません。

 治療は、基本的には経過観察です。よほどの場合や、親御さんからの強いご希望があれば、小児眼科の専門医や、カウンセリングをしてくれそうな医療機関などご紹介させていただきますが、たいていは、数ヶ月から2、3年、心身の成長とともに解決されます。

知りたい!目のこと

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る