• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 緑内障

緑内障

緑内障はどんな病気?

 ひとことで言えば、視野(見える範囲)が狭くなってくる病気です。
しかし、その進行が極めてゆっくりであるため、初期に自覚されることは希です。時には、視野が半分以上障害されていても気づいておられない方がいます。40歳以上では20人に一人、70歳以上では10人に一人の罹患率ですが、半分以上は未治療であると言われています。
眼圧(眼の硬さ)が高い病気というイメージがありますが、緑内障の方の9割は正常眼圧緑内障という眼圧が正常な方ですので、眼圧が正常だから大丈夫というわけではありません。

「緑内障=失明」というイメージを持っておられる方が多いようですが、緑内障は早期に発見して治療を継続すれば、生きている間に失明することはめったにありません。しかし、発見が遅れたり、いい加減に治療をされたりすると生活に不自由を来たす場合がありますから、40歳以上では2、3年に一度でも眼科での定期的な検査を受けられる方がよいでしょう。特に、血縁者に緑内障の方がおられる方、近視の強い方では緑内障発症の危険性が高くなりますので、定期検査をお勧めします。視野障害の進行には、いろいろな要因が関係していると思われますが、現在唯一確認されているのは眼圧(眼の硬さ)で、眼圧を下げる治療により進行が抑えられます。

眼圧ってなあに?

 眼球の形を支えている内圧です。正常値は、10~21mmHgです。
血圧が高いと眼圧も高いのではと考えておられる方が多いですが、眼圧を1あげるのに血圧を50くらい上げる必要があります。
全くの無関係ではありませんが、あまり関係していませんから、高血圧症とは別に考えてください。眼圧には日内変動があり、日中受診時の眼圧が低くても夜や早朝に上がっていることによって、視神経障害が進んでいる場合があります。
 昔は緑内障というと眼圧が高いものと思われていましたが、最近は正常な眼圧の緑内障が結構多いことが分かってきています。
緑内障の方の9割が、正常眼圧緑内障と言われていますので、
眼圧が正常だから緑内障ではないということはありません。

緑内障の検査は?診断は?


 眼科を受診されると、たいていの場合、眼圧検査と眼底検査をします。空気をあてての眼圧検査は、びっくりされる方が多く、若い方では高めに出る場合がありますが、簡単に出来る検査なので是非受けて頂きたいと思います。空気での眼圧検査で眼圧が20以上ある場合には、暗室内で、もう一度青い光を当てながら測定します。

 また、眼底検査で、眼の奥の視神経乳頭と呼ばれる部分を観察するのですが、緑内障では視神経乳頭に独特の陥凹が認められることが知られており、緑内障を疑わせる陥凹があれば、さらに検査が必要になります。以前は視神経の変化を認めたら次に視野検査を受けて頂いていましたが、今はまず網膜の断層を写せる網膜三次元検査(OCT)で網膜繊維層の厚みなどを確認し、OCTでの異常があれば視野検査を受けて頂くようにしています。

 最終的な診断は視野検査の結果でしますが、視野検査にも慣れが必要ですので、明らかに緑内障的な異常を認める場合は、すぐに診断がつきますが、初期の変化の場合には、再現性を確認する必要があり、何度か視野検査をする必要があります。

正常OCTと緑内障OCTの写真

ryokunai_photo07_

※黄色~オレンジ色のところが網膜神経線維の厚いところで、緑内障では部分的に正常に比べると網膜がうすくなっているのがわかります。

緑内障による視野変化

正常な視野では盲点と呼ばれる誰にでもある見えない点があるだけなのが、緑内障が進むと見えない部分が拡がっていきます。

緑内障の治療は?

 まずは、眼圧を下げる目薬を使って頂きます。治療開始前の眼圧の20~30%、眼圧が下がれば、視野の進行をおさえることができると言われています。この数年の間に、新しい緑内障の治療薬が次々と発売されるようになり、かなり選択の幅が広がりました。中には、喘息や心臓疾患がある方には使えない薬もありますから、全身のご病気のある方は必ず申告が必要です。また、どんなお薬にも副作用がつきもので、長期に使用するほど、副作用が出てくる可能性は高くなります。

 緑内障の代表的治療薬のひとつであるβブロッカー(チモプトール、ミケラン、リズモンなど)では、全身的な副作用が多く、狭心症、不整脈、喘息などを悪化させることが良く知られていますが、それ以外に、疲労感や不眠などもまれにありますし、長期に使用すると眼の表面の角膜が傷んでくることもあります。

 プロスタグランジン関連薬のキサラタン、ルミガン、タプロス、ドラバダンズはというお薬は、現在使用されている眼圧下降剤の中でもっとも眼圧下降が得られるお薬ですが、しばしば睫毛が長く濃くなったり、眼の周りが黒ずんでくることがあります。点眼後5分ほどしてから、眼の周りを拭いたり、水で洗ったりしていただくとある程度抑えることができます。また、最近よく出てきている副作用に目のくぼみがあります。点眼の種類を変えたりやめたりするとくぼみは戻ると言われています。

 その他いろいろなお薬が出ています。複数のお薬を何度も使用することが煩わしく感じられ、忘れがちなことも多いことより、2種類の点眼薬を一つの点眼にした複合剤という点眼も多数でてきており、点眼の負担が軽くなってきています。

 緑内障という診断は一生ついてまわるものですし、薬は長期に使うほど副作用の発現率が高くなりますから、緑内障の確定診断には慎重であるべきなのですが、視野に異常がないのに、緑内障の疑いというだけで点眼治療をしているケースを時々見かけます。当院では、二度以上の視野検査、OCTの結果などから慎重に診断して、治療を開始しています。

 緑内障になったら失明するのかとよく聞かれますが、初期に発見してちゃんと治療をすれば失明することはありませんので過度に心配されることはありません。ただ、かなり進行した場合には治療が後手にまわり進行を免れない場合もあります。要は、早く見つけることが大事なのです。

 点眼でのコントロールが難しくなると、レーザー治療や手術治療が必要になりますが、その場合には、緑内障の専門施設にご紹介させていただきます。

緑内障の方は精神科や胃腸系の検査やお薬はだめ?

 内視鏡の検査や、胃透視の検査を受けるときに緑内障の有無を聞かれたり、胃薬やある種の精神科の薬には「緑内障の方は注意」と書かれていたりするため、患者さんに大丈夫でしょうかとよく聞かれます。

 緑内障には大きく二つのタイプがあります。
閉塞偶角タイプと開放隅角タイプです。
と言われてもなかなか理解しづらいと思いますが、眼の中の水の出口が広い方と狭い方です。

 元々はみんな広いのですが、遠視の方ではしばしば狭くなってきて、突然、狭いところがふさがってしまって眼圧が急激に上昇してしまい、いわゆる急性の緑内障発作と言われる状態になることがあります。そのきっかけになるお薬には「緑内障の方は注意」という但し書きがあるのです。
緑内障として治療中の方の9割以上は開放隅角タイプなので、内科の検査や内服薬についてあまり気にしないで大丈夫です。気になる方は主治医に聞いてみましょう。

 注意しなければいけない緑内障は、閉塞隅角緑内障と、閉塞偶角症です。
閉塞隅角緑内障はすでに緑内障として視神経障害のある方を言いますが、閉塞偶角症というのは、視神経障害のまだない前緑内障段階の方を言いますので、ご自身は、そういう状態にあることをご存じない方がほとんどです。遠視の方に多いので、遠視の方で、目がいいと眼科にかかったことのない方は要注意です。

急性緑内障発作

 前述の閉塞偶角症の方において、急にもともと狭かった目の水の出口が、突然閉鎖してしまう状態です。眼内への水は産出されるのに出て行けなくなるため、空気を入れすぎたボールのように目がパンパンに堅くなってしまいます。すぐに処置をすれば視力障害や視野の変化など残りませんが、長時間放置すると視力が低下したままもどらなくなってしまいます。大事なことは、そのときの症状を知っておいて頂くことです。
 眼痛、頭痛、吐き気、目の充血、視力低下などが主な症状なのですが、頭が痛いと頭痛薬を飲んで寝込んでしまったり、頭痛、吐き気のために眼科ではなく内科へ行って髄膜炎と間違えられて眼科的処置が遅れてしまうことがあります。あまりの頭痛のために目の症状が忘れられてしまうのです。ひどい頭痛があったら、まず鏡を見て、目が充血していないか見てください。そして、片目ずつふさいで見え方を確認してください。充血している眼が霞んでいたら、その眼の眼圧は急激に上昇して急性緑内障を起こしている可能性が高いので、すぐに近くの眼科へ駆け込んでください。

 とにかく、早期に発見して適切な治療を受けていれば、視機能は維持される病気です。検診で指摘された方、血縁者に緑内障の方がある場合、近視の強い方など、定期的に検診を受けられることをお勧めします。また、一度緑内障治療を始められた場合には、自己判断で中断されることなく、治療を継続されることが大切です。自覚症状に乏しい病気ですが、自覚症状がでてきたときにはかなり進んで取り返しの付かない状態になっている事が多いのです。

知りたい!目のこと

24時間自動予約可能です

18606-4560-5620 http://takieyecl.atat.jp
※自動音声でのご案内になります。 ※診察券番号と生年月日が必要です。 ※視野検査の予約はできません。 ※はじめての方も予約できます。 ※視野検査の予約は受付(0798-57-3220)へお願いします。
ページトップ
HOMEへ戻る