• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 緑内障

緑内障の方は精神科や胃腸系の検査やお薬はだめ?

 内視鏡の検査や、胃透視の検査を受けるときに緑内障の有無を聞かれたり、胃薬やある種の精神科の薬には「緑内障の方は注意」と書かれていたりするため、患者さんに大丈夫でしょうかとよく聞かれます。

 緑内障には大きく二つのタイプがあります。
閉塞偶角タイプと開放隅角タイプです。
と言われてもなかなか理解しづらいと思いますが、眼の中の水の出口が広い方と狭い方です。

 元々はみんな広いのですが、遠視の方ではしばしば狭くなってきて、突然、狭いところがふさがってしまって眼圧が急激に上昇してしまい、いわゆる急性の緑内障発作と言われる状態になることがあります。そのきっかけになるお薬には「緑内障の方は注意」という但し書きがあるのです。
緑内障として治療中の方の9割以上は開放隅角タイプなので、内科の検査や内服薬についてあまり気にしないで大丈夫です。気になる方は主治医に聞いてみましょう。

 注意しなければいけない緑内障は、閉塞隅角緑内障と、閉塞偶角症です。
閉塞隅角緑内障はすでに緑内障として視神経障害のある方を言いますが、閉塞偶角症というのは、視神経障害のまだない前緑内障段階の方を言いますので、ご自身は、そういう状態にあることをご存じない方がほとんどです。遠視の方に多いので、遠視の方で、目がいいと眼科にかかったことのない方は要注意です。

ページトップ
HOMEへ戻る