• HOME >
  • 知りたい目の事 >
  • 緑内障

緑内障はどんな病気?

 ひとことで言えば、視野(見える範囲)が狭くなってくる病気です。
しかし、その進行が極めてゆっくりであるため、初期に自覚されることは希です。時には、視野が半分以上障害されていても気づいておられない方がいます。40歳以上では20人に一人、70歳以上では10人に一人の罹患率ですが、半分以上は未治療であると言われています。
眼圧(眼の硬さ)が高い病気というイメージがありますが、緑内障の方の9割は正常眼圧緑内障という眼圧が正常な方ですので、眼圧が正常だから大丈夫というわけではありません。

「緑内障=失明」というイメージを持っておられる方が多いようですが、緑内障は早期に発見して治療を継続すれば、生きている間に失明することはめったにありません。しかし、発見が遅れたり、いい加減に治療をされたりすると生活に不自由を来たす場合がありますから、40歳以上では2、3年に一度でも眼科での定期的な検査を受けられる方がよいでしょう。特に、血縁者に緑内障の方がおられる方、近視の強い方では緑内障発症の危険性が高くなりますので、定期検査をお勧めします。視野障害の進行には、いろいろな要因が関係していると思われますが、現在唯一確認されているのは眼圧(眼の硬さ)で、眼圧を下げる治療により進行が抑えられます。

ページトップ
HOMEへ戻る